スポンサーサイト

category: スポンサー広告    |   --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter「つぶやく」ボタン

category: スポンサー広告

tags:

firefoxのアドオンでGmail本文を等幅フォントに。

category: googleなどを使うとき    |   2008年04月09日

《 08.04.22 追記 》
 現在は記事を書いた時とくらべて、GmailのHTMLソース内容が変わってました。
 下記の「div .mb」「div .ckChnd」にしたらうまくいきましたけど、
 それもいつまで有効かわかりません…
 …ところで、Gmail自体に固定幅で表示する機能がつきそうですね。(ソースに文字が… )

firefoxの「stylish」アドオンでGmailの本文を等幅フォントに。

firefoxでGmail使ってて、本文を等幅フォントで表示したいと思う事がちょこちょこあったんですが、残念ながらGmailに設定はありませんでした。

けれど少し調べてみたら、firefox側でスタイルシートの仕組みを利用して本文の等幅フォント化が実現できるとわかりました。

firefoxのUserContent.cssを編集する方法だったんですが、ファイルを探すのが面倒くさそうって思って、使用中の「stylish」アドオンが使えそうだぞって思ったのでやってみたら、結構良い感じになりました。

stylishを使うとツールボタンからスタイルシートの切り替え・適用ができて、等幅フォントにするスタイルシートのON/OFFが手軽に出来ます。メール入力する時のスタイルと、メール本文を表示する時のスタイルを別々に用意して使い分ける事もできました。サイト毎(ドメイン毎)の設定もやりやすかったです。


設定の実際(手順)

1. stylishをインストールしたfirefoxでGmailの本文が表示されているページを開きます。

2. stylishのアイコンをクリック→「スタイルを書く」→「mail.google.com用…」をクリックします。

3. 概要の欄に自分でわかりやすい名前をつけ、コードを次のような感じにします。
@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("mail.google.com") {
    div .mb {
        font-family: monospace;
        }
}
意味は、
  • ドメインに"mail.google.com"が含まれる頁で…
  • <div class="mb">タグ内のフォント種類(font-family)に等幅フォント(monospace)を指定

…です。メール本文が<div class="mb">タグに囲まれている現在なので、こういう内容になっています。

monospaceの代わりにフォント名にすれば、好みのフォントを指定する事もできます。
幾つかのフォント指定を用意しておいて、気分で切り替えても面白いかも知れませんね。


メール送信する時のテキストエリアを等幅フォントにするのは次のような感じです。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain("mail.google.com") {
    textarea {
        font-family: monospace;
        }
}
関連記事

Twitter「つぶやく」ボタン

category: googleなどを使うとき

comment:0

trackback:0

tags: firefox

コメント

▲ Top of Page

コメントの投稿
  ▼ 禁止ワード
Font & Icon
 (空欄だと後で削除・修正出来ません)
管理者にだけ表示を許可する


▲ Top of Page

緑のgoo

このサイト内 ウェブ全体

この検索は「緑のgoo」を利用しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。