スポンサーサイト

category: スポンサー広告    |   --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter「つぶやく」ボタン

category: スポンサー広告

tags:

googleは消極的にプライバシーを守ってくれる…?

category: googleなどを使うとき    |   2008年08月13日

高木浩光@自宅の日記 - 通信プラットフォーム研究会 傍聴録 (Google社の発言あり)より

グーグル(藤田一夫オブザーバー)

大変ありがとうございました。事務局の資料はすばらしい内容で、ぜひ実行して頂きたい。民民でやれることは積極的にやっていきたいが、民で解決できないことは、行政からの力とお知恵をお借りせざるを得ない状況である。ユーザが自由に選べるような環境作りをして頂きたい。

最後にプライバシーについて。確かに問題があるかもしれないが、日本のプライバシーに対する感覚は、アメリカ、イギリスとでは違うのではないか。日本では、マンションとかはまた違うかもしれないが、一戸建てでは名前を表札に書いている。名前まで。わざわざ自分の名前を公道に出しているわけだから、プライバシーなんて気にしていない。(会場苦笑。)それが、ネットの世界でだけ気にするというのはうーんどうかなと思う。(会場冷笑。)これは最近のフィルタリングのことを彷彿させる。有害情報、有害情報と声高に言われるが、たしかにそういうところもあるが、人によって有害無害と価値観が違うのだから、一人の学者さん、偉い学者さんの倫理観で縛るというやり方というのは、いかがなものかなと考えている。

プライバシーを気にしていないのではなくて、プライバシーについてまだよく分からないから、行動できていないのですよね。プライバシーについてよく分からないというのは、個人の名前や住所や電話番号や住んでいる家の風景や…なんかが全世界に公開されるという状況をあまり経験していないし、それによってどんな驚異があるのかもうまく想像できない…もしくはたくさんのケースを想像できてしまい、どれが本当に起こりそうで・どれが想像だけでおわりそうか判断しづらい…状況だから、プライバシーを守る為の行動が十分に行えていない状況なだけなんですよね

(だいたい“プライバシー”ってカタカナ表記だっていうのが既に、わかりにくい=使ってると分かった気になってしまう言葉…。)

表札でフルネームを近隣に公開している事についても、(1)その情報を知り得る範囲が今までは狭かった…し、(2)それを知られた事による被害も今まではとても少なかった…から公開しているのであって…。

表札の名前を、(1)住んでいる場所の情報とあわせて(今までより)たくさんの人に安易にばらまかれたら、(2)それを知られた事による被害もたくさん増えるんじゃないか…と心配になります。

被害が想像できるのに、それに対しての対策を消極的に行う姿勢…というものに接するだけでも残念に思うのに、開き直られてしまうような状況とは…。


できるだけ早く、プライバシーについて勉強して、ちょっとでも対策しなくちゃ…ですね

## googleさんは、ユーザーの個人情報についてある程度留意するイメージだったのですけど、それが間違いであると分かりましたので、Gmailを含むgoogleのサービスを利用する際には、やりとりする情報が自分の意図しない人へ伝わる事想定して、今まで以上に注意したいと思います。

今回の記事を書いていて

改めて、google(企業)が勝手に得ている情報というものについて、具体的に想像できて、良かったです。…今まではpagerankを出す為のアクセス記録とか、検索の時の単語とか、具体的な被害などを想像しにくいものが多かったので。(わかったからといって、何をした方がよい・何ができるかを、これから考えなくちゃ…なんですけど。)


[08-08-25] 関連日記を書きました → Googleはプライバシーを守れなさそう…*パソコン好きな人の独学ノート

関連記事

Twitter「つぶやく」ボタン

category: googleなどを使うとき

comment:0

trackback:0

tags:

コメント

▲ Top of Page

コメントの投稿
  ▼ 禁止ワード
Font & Icon
 (空欄だと後で削除・修正出来ません)
管理者にだけ表示を許可する


▲ Top of Page

緑のgoo

このサイト内 ウェブ全体

この検索は「緑のgoo」を利用しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。